量子医学コラムColumn

TOP 量子医学コラム 量子医学で認知症や関節痛に期待できる効果とは?副作用や従来治療との違いも解説!
2023.04.28 - Fri

量子医学で認知症や関節痛に期待できる効果とは?副作用や従来治療との違いも解説!

量子医学は「脳機能を改善する」と聞くと驚くでしょうか。口腔周囲から脳に向かう有害な刺激を除去し、いい刺激を送り込むことで、脳機能が改善するという考え方です。脳機能が改善すると、どのような効果が期待できるのでしょうか。

当コラムでは、量子医学が一体どんな効果をもたらしてくれるのか、具体的にご説明いたします。

目次

量子医学とは?

量子医学は、微弱な電磁波などの刺激を用いて体内の細胞や分子に働きかける医療技術です。この技術によって、治療対象の細胞や分子の振動数を調整し、健康な状態に戻すことを目的としています。

量子医学は、従来の医療技術と比べて、副作用や治療時の痛みが軽減されることが特徴です。量子医学のなかでも、我々が最も重要視しているのは「松果体」です。現代西洋医学においては謎の多い臓器ではありますが、松果体を健全に活性化することで、健康状態を維持増進できると考えています。

量子医学で期待できる効果

量子医学には、以下のような症状や疾患に対する効果が期待されています。

膝関節症の痛み改善


膝関節症は、年齢や過剰な負荷によって、膝の軟骨がすり減ってしまう病気です。膝関節症によって膝に痛みが生じると、歩行や日常生活動作に支障をきたすことがあります。

しかし、量子医学は、膝関節症の痛みを軽減することが期待できます。量子医学では、低周波磁気、光、音などを使って、膝関節症による痛みを和らげることができるのです。

腰痛の改善


腰痛には、慢性的なものから急性のものまで様々な種類があります。特に慢性的な腰痛は、長期間にわたって生活に支障をきたすことがあります。

量子医学では、腰痛の原因に応じて、適切な低周波磁気、光、音などを使って治療を行います。また、従来の腰痛治療に比べ、痛みが軽減するまでの期間が短く、効果も持続的なため、患者さんに喜ばれる治療法といえます。

寝たきりからの回復


高齢者など、寝たきりになってしまった患者さんに対して、量子医学は大きな効果を発揮します。寝たきりになると、筋力や体力が低下してしまい、更に健康状態が悪化してしまうことがあります。しかし、量子医学による治療は、運動能力の改善や筋肉量の増加など、身体機能の回復につながります。

また、量子医学は、高齢者の方でも安全に治療を受けることができるのが特徴です。

認知症


認知症は、高齢になるほど発症リスクが高まる疾患で、2025年の認知症の有病者数は約700万人になると推計されています(※)。平均寿命の伸びによってこれからも有病者数が増加することが予測されており、社会的にも、また患者本人や家族にとっても大きな問題となっています。

「日本における認知症の高齢者人口の将来推計に関する研究」(平成26年度校正労働化学研究費補助金特別研究事業 九州大学 二宮教授)

量子医学は、脳内の神経回路を刺激することで、神経細胞の再生を促し、脳内の機能低下を改善する治療法として注目されています。そのため、認知症の進行の緩和や、症状の改善が期待できるのです。また、量子医学は副作用が少なく、安全性が高いため、認知症治療に適していると言えます。

パーキンソン病


パーキンソン病は、中枢神経系の疾患の一つで、手足の震えや筋肉の硬直などの症状が現れます。従来の治療法では症状の改善に限界があり、長期的な投薬治療による副作用が問題視されてきました。

しかし、量子医学では、神経細胞を活性化することで、パーキンソン病の症状の改善が期待されています。また、従来の薬剤による治療とは異なり、副作用も少なく、長期的な治療にも適しているとされています。

副作用について、従来の医療との違いは?

従来の医療では、薬物療法や手術などの外科的措置、放射線治療などの治療法が用いられますが、一定の効果が得られる反面、副作用を完全に避けることは難しいと言えます。

たとえば、痛み止めや抗炎症薬などの薬剤は、腎臓や肝臓に負担をかける場合があります。また、手術には術後の痛みが伴いますし、継続的なリハビリテーションなどを必要とすることがあります。その間、生活の質が低下することもあるでしょう。

一方、量子医学は、身体に負担をかけることなく、自然治癒力を高めることによって不調の改善を目指す治療です。量子医学の治療では、針や薬剤を使わないものが多く、副作用が少なくリスクも低いため、安心して治療を受けることができるのです。

量子医学は難治性疾患も改善できる

従来の医療では、難治性疾患とされる病気に対しては、根治的な治療法が見つかっていない場合があります。しかし、量子医学では、身体の自然治癒力を高めることによって、難治性疾患の改善にも効果が期待できます。

たとえば、原因不明の膝関節症や腰痛も全身症状は全て難治性疾患と判断されてしまう危険性があります。しかし実際には、脳の機能異常から痛みの原因が誘発されている可能性が考えられ、治療が可能なケースもあるのです。

量子医学の治療法を活用することによって、症状の改善や治癒が見込めると言えます。

量子医学に関するセミナー

量子医学に興味を持った方は、セミナーに参加することをおすすめします。

セミナーでは、専門家による講義や体験談などが紹介され、量子医学の理論や実践的な治療法を学ぶことができます。また、セミナーに参加することで、量子医学に関する情報を得るだけでなく、医療従事者との交流も深めることができます。

まとめ

量子医学はまだ研究段階であり、科学的根拠やメカニズムが解明されていない部分もあります。

しかし、従来の医療では治療が困難だった疾患に対して、有効な治療法である可能性を秘めている医療でもあります。また、副作用の心配が少なく、痛みや不快感を伴わない治療法として注目を集めている分野です。

今後、量子医学に関する研究や治療法の開発が進んでいくことに期待が寄せられます。しかし、健康に関する問題には個人差があるため、独学は患者への不利益を招く原因ともなってしまいます。量子医学のエキスパートのもとで、正しい知識や技術を習得することをおすすめします。

▼量子医学に関するセミナーはこちらからお申し込みください▼
https://braindentistry.com/
新神戸歯科 名誉院長 藤井佳朗

【監修】藤井 佳朗新神戸歯科 名誉院長

歯学博士。生涯健康医学会理事。
愛知学院大学歯学部卒業(初代学長・小出有三賞受賞)、同大学大学院修了。
頭痛や肩こり・腰痛、アトピーや自律神経失調症といったさまざまな不調や病気が引き起こされる原因に、歯の噛み合わせや、身体に合わない金属を使用した歯科治療があるという観点から、その人の全身を見ながらの歯科治療を行う。現在、日本医用歯科機器学会理事、生涯健康学会理事、噛み合わせと全身との関連を考える会顧問。ホリスティックな歯科治療の第一人者として、量子力学を取り込んだ量子医学の研究、身体ではなく身体を取り巻く場を重視した歯科医療を実践している。
主な著書に「慢性痛を治したければ歯科に行きなさい(幻冬舎)」「咬合のマジック」(デンタルダイヤモンド)「歯科からの医療革命―「体の症状を歯から治す」これが究極のホリスティック歯科医療だ!(現代書林)」「携帯電話は体に悪いのか?(DVD付) ―歯科からの電磁波対策(現代書林)」「咬合のmagic―論より証拠(デンタルダイヤモンド社)」などがある。

>プロフィール詳細はこちら

この記事を読んだ方は
こちらの記事も読んでいます

  • 量子医学で体の不調の原因がわかる? 具体例紹介

  • 量子医学で健康な体を取り戻す。さまざまな健康被害に…

  • 量子医学で体の痛みを改善できる?