量子医学コラムColumn

TOP 量子医学コラム 量子医学と波動の関係とは?
2023.04.28 - Fri

量子医学と波動の関係とは?

量子医学に興味がある方は、「波動」「波動医学」といった言葉もご存知かもしれません。実は、量子医学と波動(波動医学)には、密接なつながりがあるのです。

この記事では、量子医学と波動の関係について、くわしくご説明します。

目次

量子医学と関連性の深い「波動」

量子医学は、古代東洋医学の知識と現代物理学の理論を組み合わせた、全人的医療を目指す新しい分野です。人体を構成する物質が波動であるという考えに基づき、波動を調整することで健康状態を改善することを目指します。

「波動」は、量子医学において最重要といえる概念でもあります。波動とは、振動によって伝わるエネルギーのことであり、物質が放つ周波数のことを指します。物質は、原子や分子が結合してできており、それぞれの原子や分子は独自の波動を持っています。

すべての生命体は固有の波動をもっている

人間も含めた動物も物質の一種であり、原子や分子によって成り立っています。したがって、すべての生命体は、固有の波動を持っていると考えられるのです。人間を例にとってみると、心臓の鼓動や脳波などの波動が生み出されています。これらの波動が調和し、バランスが保たれることで、健康状態を維持することができる。これが波動医学の基本的な考え方です。

一方で、ストレスや病気などの外的要因によって、波動が乱れる場合があります。たとえば、心身症やうつ病の場合、心身の調和の乱れによって、波動が不安定になることが原因だと考えられます。こうした波動の乱れは、免疫力の低下や自己治癒力の低下を引き起こし、健康状態の悪化につながるのです。

あらゆる病気は波動の乱れが原因

続いて、波動の乱れによる健康への悪影響について具体的に説明します。

波動の乱れは、ストレスや感情の変化、不規則な食生活、睡眠不足などの生活習慣や、外部からの放射線や電磁波などの影響によって引き起こされます。そのため、波動の乱れを整えることは、病気の治癒や予防につながるのです。

たとえば、近年注目を集めている「腸活」。腸内環境を整えることによって免疫力が向上し、さまざまな不調の改善につながるとあって、発酵食品や健康食品が飛ぶように売れています。

実は、腸内環境の乱れも、波動の乱れと関連があるのです。腸内細菌は消化吸収に関わるだけでなく、免疫力や脳機能にも大きく影響しています。腸内環境が乱れると、脳をはじめ身体全体の波動も乱れやすくなり、さまざまな病気を引き起こす原因になる、というわけです。

また、心と身体のバランスが崩れると、精神的な問題を引き起こすことがあります。ストレスや不安などが持続すると、波動の乱れが生じ、うつ病や不眠症などの病気を引き起こす原因となります。

このような病気に対しても、波動を整えることで治癒や予防に導くことができます。

病気の治療には、波動の修正が必要である

こうした考え方は、近代の医療(西洋医学)とは大きく異なります。西洋医学では、症状を見て原因を特定し、その原因に対する治療を行うことが一般的です。

しかし、量子医学では、病気の原因を見つけることよりも、波動を整えることが重視されます。

この波動の修正を行うために、量子医学では様々な治療法が提唱されているのです。

まとめ

「波動」を利用した治療法が注目される理由は、従来の医療では治療が困難とされる病気に対して、新たなアプローチが可能となることにあります。

また、体内にある波動が重要な役割を果たしているとする考え方は、西洋医学では考えにくいものですが、東洋医学や自然療法の分野では古くから認知されてきました。

そのため、伝統的な医療を取り入れたホリスティックなアプローチも、「波動」を利用した治療法と相性が良いとされています。

西洋医学での治療に限界がある場合、波動の観点による量子医療は有効な選択肢になります。不調が改善せず苦しんでいる患者の力になりたいと思う医療従事者の方は、一度、量子医学を体系的に学ぶことをおすすめします。

▼量子医学に関するセミナーはこちらからお申し込みください▼
https://braindentistry.com/
新神戸歯科 名誉院長 藤井佳朗

【監修】藤井 佳朗新神戸歯科 名誉院長

歯学博士。生涯健康医学会理事。
愛知学院大学歯学部卒業(初代学長・小出有三賞受賞)、同大学大学院修了。
頭痛や肩こり・腰痛、アトピーや自律神経失調症といったさまざまな不調や病気が引き起こされる原因に、歯の噛み合わせや、身体に合わない金属を使用した歯科治療があるという観点から、その人の全身を見ながらの歯科治療を行う。現在、日本医用歯科機器学会理事、生涯健康学会理事、噛み合わせと全身との関連を考える会顧問。ホリスティックな歯科治療の第一人者として、量子力学を取り込んだ量子医学の研究、身体ではなく身体を取り巻く場を重視した歯科医療を実践している。
主な著書に「慢性痛を治したければ歯科に行きなさい(幻冬舎)」「咬合のマジック」(デンタルダイヤモンド)「歯科からの医療革命―「体の症状を歯から治す」これが究極のホリスティック歯科医療だ!(現代書林)」「携帯電話は体に悪いのか?(DVD付) ―歯科からの電磁波対策(現代書林)」「咬合のmagic―論より証拠(デンタルダイヤモンド社)」などがある。

>プロフィール詳細はこちら

この記事を読んだ方は
こちらの記事も読んでいます

  • 量子医学で体の不調の原因がわかる? 具体例紹介

  • 量子医学で健康な体を取り戻す。さまざまな健康被害に…

  • 量子医学で体の痛みを改善できる?